おすすめの歯科と歯医者の評判や口コミ

新潟県 歯周病治療
上手い歯医者・専門医・おすすめの名医

3医院19口コミが見つかりました

歯周病治療認定医10の審査基準

厳しい審査基準をクリアした、国内有数の歯周病治療技術を持った歯科医師を「日本歯科医療評価機構 歯周病治療認定医」としてご紹介しています。
※国内で下記基準を満たす歯科医師はまだ少ないのが実情ですが、調査活動を通して新規認定医を増やして参ります。なお、現場での治療は全て医院側の裁量に委ねられておりますので、当機構は個々の治療結果については、責任を負いかねます。

①経験 10年以上の歯周病治療経験と、概ね100回以上の歯周外科実績があること
優れた歯周病認定医になるには、一定以上の経験年数と、外科実績が必要条件です。最低限の足切りラインとして設けた基準です。
②症例 当機構所定の基準を満たすケースプレゼンテーションの提出
高度に骨吸収した歯周病罹患歯への歯周組織再生療法や、全体的な噛み合わせも考慮した複雑な治療など、総合的な実力を判定するため、症例の提出と審査を実施します。
③医療人としての資質 審査官との面接
治療の技術だけではなく、医療人としての倫理観や、患者やスタッフとの丁寧なコミュニケーションを通じて、チームとして優れた医療を提供できるかどうかを判定します。
④推薦 既に歯周病認定医として登録されている歯科医師からの推薦
優れた歯周病認定医が認める歯科医師は、優れた歯周病認定医であろうという推論に基づいて設定した基準です。しかし、いわゆるコネや縁故によって、なし崩し的に認定することは決してありません。
⑤担当医 上記①〜④を満たす歯科医師がリードして治療を行うこと
歯周病認定医に登録されたとしても、実際にその認定医の監督下にて治療を行わなければ、この認定制度の意義は失われてしまいます。認定医の診断、治療計画を前提としながら、来院した患者の希望に沿った対応をしていただきます。
※患者さんへ:認定医による治療をご希望の場合、当機構を見て来院した旨を必ずお伝えください。
⑥正確な資料 口腔内写真、6点法プロービング診査、14枚法レントゲン写真をベースにした正確な患者診査資料を作成していること。
⑦衛生面 高度な滅菌システムを導入、運用し、患者毎に滅菌されたタービン等の切削器具を使用。オペ室には、高度な空気清浄システムを完備していること。
⑧メインテナンス 衛生士による6点法プロービングとスケーリングを必須とした定期メインテナンスが医院のシステムとして確立していること。また一年に一度は、レントゲン診査を行い病的変化の発見に努めていること。
⑨インプラント 天然歯のみならず、インプラント周囲の病的変化にも対応する検査体制、治療技術を持っていること。
⑩費用 安価な治療費で患者に訴求するのではなく、適正な治療費を設定していること。

close button