おすすめの歯科と歯医者の評判や口コミ

東京都 根管治療
上手い歯医者・専門医・おすすめの名医

152医院1938口コミが見つかりました

根管治療認定医10の審査基準

厳しい審査基準をクリアした国内有数の根管治療技術を持った歯科医師を「日本歯科医療評価機構 根管治療認定医」としてご紹介しています。

※国内で下記基準を満たす歯科医師はまだ少ないのが実情ですが、調査活動を通して新規認定医を増やして参ります。
 なお、現場での治療は全て医院側の裁量に委ねられておりますので、当機構は個々の治療結果の責任を負いかねます。

①治療実績 直近5年間で、概ね500症例以上の治療実績
優れた根管治療認定医になるには、一定以上の経験と実績が必要条件。最低限の足切りラインとして設けた基準。
②症例 当機構所定の基準を満たすケースプレゼンテーションの提出
当機構所定の基準を満たすケースプレゼンテーションを提出し、審査に通過すること。
③医療人としての資質 審査官との面接
根管治療の技術だけではなく、医療人としての倫理観や、患者やスタッフとの丁寧なコミュニケーションを通じて、チームとして優れた医療を提供できるかどうかを判定。
④推薦 既に根管治療認定医として登録されている歯科医師からの推薦
優れた根管治療医が認める歯科医師は、優れた根管治療医であろうという推論に基づいて設定した基準。(しかし、いわゆるコネや縁故によって、なし崩し的に認定することは決してありません。)
⑤担当医 上記①〜④を満たす歯科医師が根管治療を実施
根管治療認定医に登録された歯科医師が実際に治療を行う。

※患者さんへ:認定医による治療をご希望の場合、当機構を見て来院した旨を必ずお伝えください。
⑥設備 マイクロスコープとCTの活用
全ての根管治療においてマイクロスコープを使用していること。CTスキャンを導入していること。
⑦ラバーダム防湿 ラバーダムの実施
全ての根管治療においてラバーダム防湿を行なっていること。
⑧衛生管理 滅菌システムの活用
高度な滅菌システムを導入、運用していること。
⑨診療時間 しっかりした診療時間の確保
一人の患者に対し、1時間以上の時間をかけて診療していること。
⑩連携 連携した診療
一般歯科医と連携して診療を行なっていること。

認定医のご紹介

ラベル(アイコン)が付いた歯科医院に認定医が所属しています。

close button